仮想通貨

コインチェックが取り扱う仮想通貨「NEM」が不正アクセスにより 580億円相当流出した問題で
すごく儲かると聞いて全財産を投資した人は 芸人でもいましたが、悲惨なことになっています。


コインチェックが返金すると言っても、コインチェックそのものが 金融庁に立ち入り検査に着手し
取引所としての登録が申請中で 「みなし業者」として営業していたコインチェックが
営業停止もしくは 取り消しされてしまったら、NEMにかけていた資産は台無しになってしまう。

2008年に起きたリーマンショックで株の資産が半分無くしてしまった苦い経験があった人は
資産の分散投資を学んだはず。

 


仮想通貨も同じように、複数の仮想通貨取引所で投資していれば
1つがダメージを追っても痛手を受けないでいられたことでしょう。
一時1ビットコイン当たり90万円を割り込んだことを見ても 分散投資した方がいいようです。

 

仮想通貨 取引所のどこなら安心?

 

という方にお勧め取引所を紹介します。

 

 

ビットフライヤー

 

テレビCMでもお馴染みの「ビットフライヤー」は大手企業が賛同しているので安心してビットコインの取引ができます。

 

取引量、ユーザー数、資本金が国内第一位です。

 

ビックカメラでの支払いも出来る。

 

セキュリティ対策もビットコインが盗まれた時の補償制度もあるので安心できます。

 

FXにも強いので玄人にもおすすめです。

 

 

 

GMOコイン

 

24時間365日、土日祝日でも売買できる。

 

仮想通貨FX専用アプリ『ビットレ君』では、全9種類のテクニカル指標を利用することができます。

 

スマホさえあれば、外出先でいつでも本格的な取引が可能です。

 

レバレッジは5~25倍、追加証拠金制度なし。

 

スプレッドは基本的に300円で固定。

 

ライトコインなど一部の仮想通貨は取引所での取扱いがなく販売所でしか買うことができない。

 

そして、販売所の中では、GMOコインのスプレッドは基本的に一番安い。

 

日本円の入出金手数料が無料(振込入金に伴う振込手数料は負担)。

 

ビットコインの出金や現物取引にかかる取引手数料も無料。

 

取り扱い通貨

 

・Bitcoin

 

・Ethereum

 

・Bitcoin Cash

 

・Litecoin

 

・Ripple

 

 

 

Ledger Nano S

 

ビットコイン、ライトコイン、イーサリウム、イーサリウムクラシック、リップルを始め

 

数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。

 

有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産暗号通貨取引のセキュリティを確実に守ります。

 

 

 

Zaif

 

Zaif(ザイフ)は日本初のICOである「COMSA」やmijinプロジェクトでも世界中から注目を集めています。

 

また取引手数料もビットコインは-0.01%となっているので、ビットコインを売買すると逆に手数料が貰えるというお得な仕組み。

 

少額の仮想通貨積立てが出きるのも嬉しいポイントです。

 

国内取引所としては数少ないモナーコインやペペキャッシュなどのユニークな銘柄の取り扱いをしている。

 

毎日webサイトにログインしてログインボーナスをクリックするだけで、なんと!毎日100円もらえます。

 

年間で考えると36,500円!ボーナスを受け取るには前日のビットコイン残高が最低3.0BTC必要です。

 

Zaifの弱点として大相場になるとサーバーがダウンする。

 

取り扱い通貨

 

・bitcoin

 

・NEM

 

・ethereum

 

・MONACOIN

 

・Counterparty

 

・Bitcystals

 

・Storjcoin X

 

 

bitbank.cc

 

bitbank.cc(ビットバンクcc)は売買手数料が安く、リップル(XRP)の指値注文ができる唯一の国内取引所です。

 

コンプライアンスやセキュリティもしっかりとしていて、初心者からプロのトレーダー

 

さらに暗号通貨を愛する玄人からも好評な取引所です。

 

 

QUOINEX

 

アジア最大級の仮想通貨取引所

 

業界最多の14通貨ペア数

 

ビットコイン取引にかかる手数料が無料

 

0.01BTCから購入可能(必要証拠金約130円)

 

25倍までのレバレッジ取引が可能

 

法人アカウントでは、日本の取引所では最大のレバレッジ50倍までの取引が可能

 

メールの他、LINEで運営に問い合わせができる

 

サーバーダウンしにくい

 

取引通貨

 

仮想通貨:BTC,ETH,BCH

 

法定通貨:JPY,USD,EUR,AUD,HKD,SGD,CNY,PHP,INR,IDR

 

 

ビットコイン

 

 

詐欺コインに注意しましょう。

 

・市場規模が極端に小さい

 

・出たばかりの仮想通貨である

 

・これから始まる仮想通貨である

 

 

消えていくものの多くがドルや円など国が発行している法定通貨だけを回収して自然消滅する。

 

どんな仮想通貨なのか正しい認識をもって選んでほしいということです。

 

 

1月25日にネットの世界にいきなり現れたリトアニアのProdeumというスタートアップは

 

ICOを実施したが 28日の夕方には行方をくらました。

 

公式アカウントもなくなり、連絡がつかなくなった。

 

 

ムンバイを拠点にしていたOneCoinは、一時は高い評価を受けていたが

 

昨年4月に「ポンジスキーム」と呼ばれる自転車操業に似た詐欺であることが明らかになった。

 

 

他にもBitConnectやConfidoなどもある。

 

うまい話しには気をつけましょう。

 




ビットコイン

© 2018 仮想 通貨 rss